タッツケバカマ

タッツケバカマは「立付袴」「栽付袴」「栽着袴」などとも書き、膝から下の部分にくくりつけるようになっている。獅子や幣負い、貝吹が着用した。着物が短めにできているため、着物の裾はタッツケバカマの中に入れて着た。このあたりでウツオリとかジオリとよばれる着物で、自分の家でタカハタという手織り機で織ったもの。機械織りに比べると織り目が粗いが、厚くて丈夫な布である。白山神社には、縞のものと格子のものの二種類が保管されている。白山神社蔵/パルテノン多摩写真